会社案内

沿革

1992年

バルセロナオリンピック。

新社名「アルケア株式会社」

社名もコーポレートソングも社内公募。

社名もコーポレートソングも社内公募。

「ALL」と「CARE」を組み合わせて「ALCARE」に。ロゴの「A」の上にある3つのドットは、メディカルケア、ホームヘルスケア、スポーツ&セルフケアを示す。コーポレートソングの歌詞も社内公募で決定。

1995年

阪神淡路大震災。
地下鉄サリン事件。

第1回ストーマリハビリテーション・フォーラム開催

医療従事者との情報交換・勉強会の場としてスタート。

前年開催の「アルケア・アジアンフォーラム」に端を発した、オストメイトのQOL向上を目指したストーマケア分野のフォーラム。アルケアはフォーラム運営に全面的に協力。

1996年

アトランタオリンピック。

東京営業所を開設

販売機能強化のため、本社から営業所を独立。

1997年

消費税5%に。

「アルメディア」創刊

医療従事者向けの情報発信。

医療従事者向けの情報発信。

全人的ケアに関する、医療者向けの学術情報誌として創刊。60号以上を発行し継続中。

本社を錦糸町へ移転

来客にも便利な駅前へ。旧社屋は医工学研究所として活用。

1998年

長野冬季オリンピック。
サッカーワールドカップフランス大会。

医工学研究所に新研究棟が完成

研究開発環境を大幅に充実。医学と工学を融合させる新たな拠点の誕生。

スポーツケア市場に進出

スポーツケア市場に[REGURD]ブランドで商品を投入。

スポーツケア市場に[REGURD]ブランドで商品を投入。

医学的根拠に基づく製品開発をスポーツ分野にも展開。

総合お問い合わせ案内 こちらから

お問い合わせ

フリーダイヤル 0120-770175

よくあるご質問

  • 医療従事者の皆様
  • 販売店の皆様
  • 患者・利用者の皆様
  • マスコミの皆様