会社案内

沿革

1953年

朝鮮休戦協定調印。

スピードギプス完成

日本初のギプス包帯の開発,製造に成功。

それまでは看護師が包帯に石膏を刷り込んでいた。「ケアの省力化」の原点がこの商品です。

1955年

初の原子力潜水艦。
ノーチラス号処女航海。

有限会社東京衛材研究所を設立

創業者・鈴木重夫が墨田区内の自宅を事務所兼工場として設立。医工学の拠点としてスタート。

1956年

国連総会にて日本の加盟案可決。

スピードギプス、南極へ

第一次南極観測船「宗谷」に装備。

赤道直下の環境にも耐えられる品質が認められ、観測隊員の万一に備えて南極へ。

1957年

南極観測隊 オングル島に上陸、昭和基地と命名。
ソ連、世界初の人工衛星打ち上げ成功。

本社工場建設

スピードギプスの量産も軌道に乗り、本社工場を建設。拡販体制を整える。

1964年

東京オリンピック。

第1工場建設

第1工場建設

整然と並んだ12台のスピードギプス製造機。

1965年

ソ連、初の宇宙遊泳に成功。

国産初のストーマ(人工肛門・人工膀胱)ケア装具を発売

粘着式単品系装具「ラパック」を発売。

大腸がん、直腸がんの増加に伴い人工肛門用装具の必要性が拡大。国立がんセンター総婦長より人工肛門装具の開発依頼を受け、「ラパック」を開発。

1973年

江崎玲於奈ノーベル物理学賞受賞。

株式会社化

株式会社東京衛材研究所を設立、有限会社より業務を移管。


皮膚保護剤「カラヤディスク」を発売

国産初の皮膚保護剤でスキンケア分野に参入。

ストーマ(人工肛門・人工膀胱)ケア用装具は毎日継続的に使うため、スキンケアにも着目。

1974年

インド初の地下核実験。

オストメイトのためのサロン発足

「明るいくらしの会」の活動開始。

「明るいくらしの会」の活動開始。

本郷のショールームでストーマケア商品の販売を開始。しだいにオストメイトの生活上の悩みや意見が集まり、サロンが発足。

1981年

神戸博覧会ポートピア。

生産機能の集中と拡大

千葉市花見川区の鉄工団地内に工場移転用地を取得。生産機能の順次移管を開始。

1983年

東京ディズニーランド開園。

「第1回オストメイトの集い」を開催

オストメイト・医療者・メーカーが互いに情報を交換し、共創していく場としてスタート。

オストメイト・医療者・メーカーが互いに情報を交換し、共創していく場としてスタート。

登場会館で野原清水先生を囲む会として開催。年々参加者が増加。

1984年

インド、インデラ・ガンジー首相暗殺。

福岡営業所を開設

はじめての営業所を福岡に開設。

1985年

つくば科学万博。

本社新社屋完成

創業30周年に向けて新本社屋を建設。

創業30周年に向けて新本社屋を建設。

創業30年を機に、創業の地に新社屋を建設。現在の医工学研究所本館。

1985年
〜1988年

86年:ソ連、チェルノブイリ原子力発電所事故設。

87年:利根川進ノーベル医学生理学賞受賞。

88年:ソウルオリンピック
青函トンネル開通。

全国各地に営業所を開設

85年:大阪営業所を開設
86年:仙台営業所を開設
87年:札幌営業所を開設
88年:広島営業所を開設

総合お問い合わせ案内 こちらから

お問い合わせ

フリーダイヤル 0120-770175

よくあるご質問

  • 医療従事者の皆様
  • 販売店の皆様
  • 患者・利用者の皆様
  • マスコミの皆様