ALCARE

パラアスリートと共に

北薗選手、IBSA柔道アジアオセアニア選手権大会で銀メダル獲得

2019年9月6日~7日にカザフスタン アティラウ市で行われたIBSA柔道アジアオセアニア選手権大会において、アルケア社員の北薗新光選手が81キロ級で銀メダルを獲得しました。

中国やカザフスタンの選手との身長や力の差を感じて

今回の大会では、81キロ級は13名の選手が参加しました。北薗選手はシード参加のため、2回戦目からの対戦でしたが、その対戦相手であるMA選手(中国)は身長が190cmくらいあり、力の強さを感じた試合展開でしたが、見事勝利しました。 3回戦のADILBEKOV選手(カザフスタン)には、本人曰く「一瞬の判断で勝てた」という鋭い勝利でした。 そして4回戦の相手、KAROMATOV選手(ウズベキスタン)には、裏投げを決められ、惜しくも負けてしまいました。 

表彰台の北薗選手

喜びと悔しさが混在

北薗選手からのコメント : 「銀メダルは単純にうれしいのですが、あと一歩で金メダルを逃した悔しさも大きく、これをバネに次の試合に向けて精進したいと思います。 応援ありがとうございました。」

気合いっぱいの北薗選手

北薗選手のプロフィール

北薗選手のプロフィールはこちら