ALCARE

パラアスリートと共に

北薗選手、第34回全日本視覚障害者柔道大会で優勝

2019年12月8日に東京都文京区の講道館で行われた第34回全日本視覚障害者柔道大会において、アルケア社員の北薗新光選手が81キロ級で優勝しました。

2戦ともに勝利をおさめ、81キロ級で優勝!

1回戦、2回戦ともに勝利をおさめ、81キロ級で優勝となりました。

1回戦は、イメージしていた試合運びではなかったとのことですが、流れの中で最短で押さえ込める方法を考え勝利。

2回戦は、一つの技に拘ったことで時間のかかる試合となりましたが無事勝利をおさめました。

1回戦の試合の様子  (撮影)上方亮

北薗選手からのコメント

寝技の稽古では、相手の腕を取って押さえ込むことを強く意識してきました。 稽古でやってきたことが、今回の試合で出せたことは成果ですが、課題も残る試合となりました。今後も技の精度を高め、隙のない動きにすべく稽古に励みます!

試合をサポートした社員と
(左:試合の撮影をした上方亮、右:コーチボックスに入った吉田佑)

北薗選手のプロフィール

北薗選手のプロフィールはこちら