ページID:C-01-04

未来に向けた「開発技術」

医学と工学が融合する「モデム型」開発モデル

アルケアでは医学と工学の融合を図った「モデム型」開発モデルにより、医療の最前線の「メディカルニーズ」とアルケアが持つ「コア技術」を融合させた革新的なソリューションを提供します。

医学と工学が融合する「モデム型」開発モデル

重点領域とキーテクノロジー創出への挑戦

アルケアでは革新的なソリューションを生み出すために、「バイオインターフェイス」と「バイオメカニクス」領域の研究開発に重点的に取り組んでいます。
「バイオインターフェイス」領域では生体を取り巻く空間と生体との界面に関する課題に取り組んでいます。「バイオメカニクス」ではロコモーション領域での課題に取り組んでいます。

重点領域とキーテクノロジー創出への挑戦

コア技術から広がる「事業領域」

アルケアの事業領域は多岐にわたっています。医科学、材料科学、人間工学で培われたコア技術を中心に、7領域で研究を行なっています。各領域で、キーテクノロジーとなる現象、ケミカル、材料/素材、エビデンス及び生産技術を創出させることを通して商品化を実現し、アルケアの事業優位性を確立します。

コア技術から広がる「事業領域」
お問い合わせ フリーダイヤル 0120-770175 受付時間 9:00〜17:30 月〜金(祝祭日を除く)
  • 医療従事者の皆様へ
  • 患者・利用者の皆様へ
  • 企業・産業界の皆様へ
  • 未来に向けた「開発技術」
  • モノづくり支える生産技術