ALCARE ヘルスケア事業
03-5611-7813
受付時間:平日8:30~17:30

社会背景

ロコモ度テストについて

立ち上がりテスト

このテストでは下肢筋力を測ります。片脚または両脚で、決まった高さから立ち上がれるかどうかで、程度を判定します。

測定方法
10・20・30・40cmの台を用いて行います。

  1. まず、40cmの台に両腕を組んで腰かけます。このとき両脚は肩幅くらいに広げ、床に対して脛(すね)がおよそ70度(40cmの台の場合)になるようにして、反動をつけずに立ち上がり、そのまま3秒間保持できれば成功です。

  2. 40cmの台から両脚で立ち上がれたら、片脚でテストをします。1の姿勢に戻り、左右どちらかの脚を上げます。このとき上げたほうの脚の膝は軽く曲げます。反動をつけずに立ち上がり、そのまま3秒間保持できれば成功です。

  3. 2の片脚での立ち上がりができたとき:10cmずつ低い台に移り、同じように片脚でテストを繰り返します。

    2の片脚での立ち上がりができなかったとき:左右どちらかの脚で立ち上がることができなかったら、次に10cm低い台に移って、両脚で立ち上がるテストを行います。

注意すること
参考:村永信吾:昭和医学会誌 2001:61(3):362-367.

ページのトップへ戻る