ページID:A-04-04-01

2013年5月15日 学会発表紹介
「日本人中高年者における大腿四頭筋力と変形性膝関節症の関連性」

2013年4月18日〜21日、米国フィラデルフィアで開催されました、2013 Osteoarthritis Research Society International (OARSI) World Congress(国際変形性関節症学会世界会議)におきまして、新潟大学研究推進機構超域学術院教授 大森豪先生より「日本人中高年者における大腿四頭筋力と変形性膝関節症の関連性」についてポスター発表されました。

本発表は、高齢者に多く見られる「変形性膝関節症」と「大腿四頭筋力」の関連性を、新潟県松代地区で行われた「住民膝検診」での疫学調査において、多数例で定量的評価した最初の報告となります。この調査においては大腿四頭筋の筋力測定機能を有する「大腿四頭筋訓練測定器」が用いられており、健診内にて筋力を定量的に評価することと「変形性膝関節症」の発症、進行との関連性を考察されています。

※本掲載内容は、新潟大学研究推進機構超域学術院教授 大森豪先生に許可をいただいて掲載しています。

  • お問い合わせ カタログ請求・サンプル請求
  • コールセンター 0120-770-863 お客様相談室 0120-770-175
  • 学術論文
  • セミナー
  • 展示会
  • 学術関連情報