ページID:A-01-03-02

安静時[血流管理]

術前・術中・術後また長期臥床等の安静時に、うっ滞しやすい下肢への圧迫により、下肢の静脈血流を確保し、より安全に簡便に快適にサポートします。

安静時の血流確保を目的とした設計の弾性ストッキング、下肢のサイズ、状態に合わせて使用可能な弾性包帯を提供しています。

装着するだけで安静時の下肢へ適確な圧迫が可能。

安静時の血流確保を目的とした設計の弾性ストッキングを提供しています。

アンシルク・プロJは、日本人体型の設計とSigel理論による至適圧迫に基づいた圧迫圧設計により、安静時の下肢へ適確な圧迫を加え静脈血流をサポートします。

装着するだけで安静時の下肢へ適確な圧迫が可能。

状態に合わせた下肢への圧迫が可能。

下肢の状態に合せて使用可能な弾性包帯を提供しています。

圧迫圧の調整・観察が必要な場合などには弾性包帯を巻くことにより下肢への圧迫がえられます。(写真の商品はエラスコットです)

状態に合わせた下肢への圧迫が可能。

お探しの商品は見つかりましたか?

他の商品カテゴリから選ぶ

違う切り口から選びなおす

最初から選びなおす

  • お問い合わせ カタログ請求・サンプル請求
  • コールセンター 0120-770-863 お客様相談室 0120-770-175