ページID:A-02-03

アルケア技術・研究助成

創傷・オストミー・失禁に対するケアの向上と発展を願い、
研究者の活動を支援しています。

アルケアは、2011年より日本創傷・オストミー・失禁管理学会に対して寄付を行なっています。同学会を通じて創傷・オストミー・失禁に関する研究者の優れた研究活動に対し「アルケア技術・研究助成」を贈り、研究活動の支援を行なっています。

これまでの受賞者は以下のとおりです。

2018年度

氏名 研究テーマ
内藤亜由美 手術創紅斑部の非侵襲的アセスメント方法の開発
國光真生 寝床環境中の細菌叢と褥瘡感染発症の関連評価
安藤嘉子 ストーマ保有者の排泄管理と生活状況の経年的変化を把握し、ライフコースとしてサポートするシステム構築のための研究

2017年度

氏名 研究テーマ
中井彩乃 褥瘡発生に対するスキンブロッティング法の予測妥当性の検証−褥瘡 発生メカニズムに関連したタンパク質マーカーへの着目
三木佳子 WOCナースが実施するセクシュアリティ支援アプローチ−施療的な会話の抽出−
田中志保 失禁関連皮膚炎予防のためのエコーを用いた高齢者に対する排便状況の実態調査

2016年度

氏名 研究テーマ
佐々木早苗 ハイリスク患者における創傷被覆材の褥瘡予防効果の検証
宮前奈央 乳がん放射線照射部位における皮膚バリア機能の経時的変化に基づくスキンケアの提案
色摩茉衣子 非侵襲的陽圧換気療法施行下に発生する医療関連機器圧迫創傷予防のための接触圧評価方法の確立

2015年度

氏名 研究テーマ
伊吹愛 肥満による創傷治癒遅延への影響 −皮下脂肪組織の虚血に着目して−
大網さおり 骨盤底筋訓練指導における皮膚・排泄ケア認定看護師のスキンケアに関連したアセスメント能力に関する基礎的研究
大屋麻衣子 皮膚温度による化学療法患者における抗がん剤血管外漏出早期発見方法の開発

2014年度

氏名 研究テーマ
後藤大地 慢性創傷に起因する痛みに対する客観的評価法の開発
西澤知江 コミュニティサイト利用による皮膚・排泄ケア認定看護師のメンタルヘルスへの効果
佐藤文 療養施設入所中の高齢者における浮腫および皮膚損傷の有病率および皮膚損傷を起こす皮膚特性に関する研究

2013年度

氏名 研究テーマ
丸尾郁 胼胝処置は足底部の知覚を改善させるか
―胼胝処置前後における知覚の比較―
片岡ひとみ ストーマ保有者の生活における困難経験とその対処方法のデータベース化究
田中純子 看護師に対する残尿測定器を用いた排尿アセスメントに関する教育プログラム開発

2012年度

氏名 研究テーマ
谷口珠実 本邦における下部尿路症状に対する外来指導型骨盤底筋訓練方法の比較評価
横山洋子 低酸素下創傷治癒過程におけるHypoxia-Inducible Factor 1の役割とその臨床的意義に関する基盤研究
福田守良 ダイナミック型車椅子クッションの褥瘡治癒評価
―座位で生じた褥瘡患者によるランダム化比較試験―

2011年

氏名 研究テーマ
松原康美 静止型マットレスの寝心地評価の検討
市岡滋 本邦における創傷局所酸素療法(topical wound oxygen therapy)の実用化に向けた臨床研究
仲上豪二朗 失禁に起因する皮膚障害(Incontinence Associated Dermatitis)評価スケール開発のため基盤研究
  • お問い合わせ カタログ請求・サンプル請求
  • コールセンター 0120-770-863 お客様相談室 0120-770-175
  • 共同研究開発
  • アルケア奨励賞
  • アルケア技術・研究助成