ページID:A-02-01

共同研究開発

より良い医療を実現するため、医療・研究機関と連携し、
新技術・商品に関する共同研究開発を推進しています。

アルケアからは技術コンセプトの提案、医療機関側からは先端の医学原理に基づく治療・予防技術のご提案をいただき、これらを融合させた新商品開発を行うことで新しい治療法、予防法の提案につなげたいと考えています。

共同研究開発事例

過去に行なった共同研究開発の事例を紹介します。

OAライト・プロ
OAシームレス・プロ
OAインソール・キット
変形性膝関節症(以下膝OA)用装具の開発のため、膝OA患者を対象に、装着による生体力学的影響ならびにユーザビリティ・インターフェイスに関して研究を行い、軟性膝サポーター「OAライト・プロ」、「OAシームレス・プロ」、ならびに足底板「OAインソール・キット」を開発しました。
リモイスパッド 褥瘡発生前後の脆弱な皮膚を保護するため、皮膚にかかるずれ応力を極少化することで、外力による皮膚へのダメージを受けにくい床ずれ予防用皮膚貼付材「リモイスパッド」の開発を行いました。
リフレア 有限要素解析により、褥瘡発生時の内部応力とゲル及びフォームの材料特性値による影響の研究を下に臨床評価・分析を行い、荷重分散性に加え、体表面の通気性を高めた車椅子用クッション「リフレア」の開発を行いました。
アンシルクシリーズ
アンシルク・プロJ
医療用弾性ストッキング開発のため、日本人と欧米人の下肢3次元形態について、1万人におよぶデータを分析・研究し、日本人の脚を的確に圧迫し、抹消から中枢に向かって下肢の静脈血流を確保する「アンシルクシリーズ」を開発しました。
ショルダーブレース・ER 肩関節前方脱臼に対する保存療法としての外旋位固定法に関し、その至適固定期間と肢位を明らかにするため、0週群、3週群、6週群の3群に分け、6ヶ月後、12ヶ月後、24ヶ月後の再脱臼率の調査を行い、軽度外旋位保持装具「ショルダーブレース・ER」を開発しました。
リストケア・プロ 腱鞘炎と言われる傷害の多くが三角線維軟骨複合体(以下TFCC)損傷の傷害であることから、適切な部位の圧迫と固定肢位を保持することでTFCC損傷に対して有用な手関節用サポーター「リストケア・プロ」の開発を行いましました。
ペグケアー 胃瘻造設により栄養管理を行う際、胃瘻ボタン(埋め込み型)と皮膚との間から強酸性の胃液等が漏出してくる場合があり、皮膚障害を発生してしまうことが多いことから、pH高緩衝機能を有する皮膚保護材を開発し、胃瘻ボタン周囲の皮膚保護を目的とした「ペグケアー」を開発しました。
ウエルケア・ドレーン
イレファイン
瘻孔用装具、イレオストミー用装具開発のため、瘻孔やイレオストミーから排泄されるアルカリ性排泄物による周囲皮膚障害を改善するpH緩衝性と高耐久性を有する皮膚保護剤研究し、瘻孔用装具「ウエルケア・ドレーン」、イレオストミー用装具「イレファイン」の面板に採用しました。
アンクルガードシリーズ 足関節内反捻挫の再発予防用装具の開発にあたり、テーピングテープによる固定と足関節装具について、装着中の運動パフォーマンスの評価ならびに模擬的な内反捻挫の動きを再現した実験装置によって、足関節の制動性に関する機能比較評価を実施した結果、作用効果保持時間はテーピングテープより装具の方が優れることがわかりました。
モールドケア 複数回におよぶ放射線治療時に患者の体位を固定する用具の開発のため、当社の1液湿気硬化固定材の技術を活かし、高い固定精度(モデリング性)と再現性に加え、低い放射線吸収率を実現した「モールドケア」を開発しました。
  • お問い合わせ カタログ請求・サンプル請求
  • コールセンター 0120-770-863 お客様相談室 0120-770-175
  • 共同研究開発
  • アルケア奨励賞
  • アルケア技術・研究助成