ページID:D-02-03

基礎知識

背骨のしくみ

背骨は正式には脊柱(せきちゅう)と呼ばれ、椎骨(ついこつ)という24個の骨の連なりから成り立っています。これら椎骨は頸椎(けいつい)7個、胸椎(きょうつい)12個、腰椎(ようつい)5個に分けられます。脊柱は正面から見るとまっすぐに見えますが、横から見た場合はS字に湾曲しています。このS 字カーブが保たれなくなると、腰椎同士をつなぐ靭帯や椎間板(ついかんばん)、腰を取り囲む筋肉等に負担がかかり、腰の神経が圧迫や刺激を受ける原因となります。

椎間板のしくみ

椎骨と椎骨に挟まれていて、脊柱にかかる衝撃を吸収し和らげるクッションの働きをしています。中央部にある髄核(ずいかく)とそれを取り囲む輪状の線維輪(せんいりん)からできています。

腰痛の原因はさまざまです。

腰痛とひとことで言っても原因はさまざまです。
正しい治療や予防にはその原因を知ることが大切です。

筋筋膜性(きんきんまくせい)腰痛症

長時間同じ姿勢でいる時など、腰部に負担がかかり筋肉の疲れが原因となって痛みが発生します。

変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう)

加齢の影響で椎間板内の水分が減った結果、椎体の間が狭くなり、ふちの部分が影響を受けて、とげ状の骨(骨棘)が出てきます。この骨の影響で神経が圧迫され痛みが発生します。

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板の中心にある髄核が、すき間から飛び出して神経根を圧迫し腰の痛みや下肢のしびれ、痛みが起こります。

骨粗(こつそ)しょう症

骨の密度が減少している状態を指します。腰椎の骨の密度が低くなり、非常にもろい状態となって、腰が重く感じたり、痛みが発生します。

腰椎分離症(ぶんりしょう)・すべり症

腰椎の一部が分離している状態です。思春期の過度の運動の影響で、腰椎の一部が疲労骨折を起こすことにより生じるといわれています。分離したままでいると、椎骨が前に移動することがあります。これがすべり症です。

腰部脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)

脊柱管内のスペースが狭くなり、神経を圧迫することが原因となります。歩くと下肢のしびれや痛みが発生します。休んで前かがみになると、痛みはなくなりますが、また歩くと痛みが再発生する「間欠跛行(はこう)」という症状が出ます。

ぎっくり腰とは?

重い物を持ち上げようとした時や、中腰になった時に、急に腰が痛くなり動けなくなってしまう状態をぎっくり腰と呼んでいます。脊柱を支えている筋肉、椎骨、椎間板を痛めた状態です。

お問い合わせ フリーダイヤル 0120-770175 受付時間 9:00〜17:30 月〜金(祝祭日を除く)