ページID:D-02-01

サクロ・ビバナスQ&A

Q.1 なぜ、ナースのための腰用サポーターを発売したのですか?
A.1

ナースに腰痛が多く、そのナースの多くは腰用サポーターを使っていることが、私たちの調査で判明しました。アルケアは長年にわたって、医療用の各種サポーターを開発しています。この実績と経験を生かして、腰痛に困っているナースを助けたい!と思ったことがきっかけです。

Q.2 一般的な腰用サポーターとの違いはなんですか?
A.2

最大の違いは動きやすいことです。腰の動きを制限し、腰の負担を軽くすることが腰用サポーターの目的のひとつですが、腰用サポーターを使うナースからは「腰は楽になるが、動きづらい、ズレる」との声が多く聞かれました。ナースは「腰を曲げる」動作が多いため、動きを制限するために幅を広くしている一般的な腰用サポーターが邪魔になっていたのです。
サクロ・ビバナスの腹部幅は9.5cm。医療用や一般的なサポーターと比べて25%〜35%腹部幅を狭くしています(当社比)もちろん、腰の負担を軽くするための固定力は十分に確保しています。

Q.3 「動きやすい」ことはわかりました。「ズレにくさ」のためには具体的にどのようなくふうがしてあるのですか?
A.3

サクロ・ビバナスはズレあがりにくいことも特長です。一般的なサポーターは老若男女のすべてを対象に設計されていますが、サクロ・ビバナスは女性専用の設計です。骨盤とウエストの差が大きい女性特有のシェイプにフィットする設計で、ズレあがりを抑制しています。
また、一般的なサポーターはしゃがみこむときにズレあがることがあります。しゃがみこむときに、横に大きく広がるおしりの動きについていけないからです。サクロ・ビバナスはおしりの動きについていけるように、伸縮性の高い素材をおしりの部分に大きく広く使っているのでズレあがりにくくなっています。

Q.4 サクロ・ビバナスはどんなときに使えばいいですか?
A.4

仕事を休むほどではないけれど、腰に軽い痛みがある、腰がなんとなく気になる、腰がだるい、、、といったときに使ってください。サクロ・ビバナスがナースの腰をやさしくサポートします。仕事を休むほどの強い痛みや症状がある場合は、医療機関を受診することをお勧めします。

Q.5 サクロ・ビバナスはどこで買うことができますか?
A.5

お近くの販売店などをご紹介いたします。こちらまでお問い合わせください。

Q.6 ナースでなくても使えますか?
A.6

お使いいただけます。お近くの販売店などをご紹介いたしますので、こちらまでお問い合わせください。

Q.7 男性看護師でも使えますか?
A.7

サクロ・ビバナスは女性専用です。女性用の洋服を男性が着ると違和感があるように、サクロ・ビバナスを男性が使うと「うまくフィットしない」などの違和感がでる可能性があります。サイズも女性用に設定されていますので、ウエストサイズ85cm(LLサイズ)が最大です。男性看護師の方々には弊社のサクロシリーズをお勧めします。

Q.8 装着するときのコツはありますか?
A.8

肌着や下着の上、ナースウェアの下に装着してください。ナースウェアの上に装着するよりもズレあがりにくくなります。
装着時は、必ず、伸縮性補助ベルトを腹部ベルトから外し、本体を十分に伸ばして装着してください。

装着位置は一般的なサポーターと比べて、かなり低い位置になります。おへその下にベルトの上端がくるように装着してください。
取扱説明書をよくお読みのうえ正しくお使いください。

お問い合わせ フリーダイヤル 0120-770175 受付時間 9:00〜17:30 月〜金(祝祭日を除く)