ページID:D-02-04

治療方法

腰痛になってしまったら・・・

腰痛の症状や原因によって、さまざまな治療方法があります。
かかりつけの先生とよく相談して治療しましょう。

装具療法

症例に合わせてさまざまな腰痛帯があります。腰痛帯を使用すると腹圧が高まり、脊柱や椎間板にかかる負担が軽くなるため、症状が軽減します。正しい使用方法、使用期間は、かかりつけの先生にお尋ねください。

腹圧を高め、腰への負担を軽くします。

消炎鎮痛剤

腰部の炎症や痛みを抑えるために、症例に合わせてさまざまな薬があります。
(内服薬、ハップ剤、軟膏)

理学療法

温熱パック

とくに慢性的な腰痛がある時には、患部を温め、血のめぐりを良くし筋肉の緊張と痛みを和らげてください。急性期(腰を痛めた直後の時)には、冷たいパックで炎症を鎮めましょう。

骨盤牽引

ベッドに仰向けに寝て上半身を固定し、骨盤に装着したベルトを引っ張り、牽引を行います。牽引により筋肉の緊張を取り、牽引後は安静を保ちます。

電気治療

硬くなっている筋肉に電気的な刺激を与えて柔軟にし、また筋肉の深部に細かい振動を与えてマッサージ効果や温熱効果を得る治療法です。

骨盤の牽引で、腰の筋肉の緊張を取り除きます。
お問い合わせ フリーダイヤル 0120-770175 受付時間 9:00〜17:30 月〜金(祝祭日を除く)