ページID:AA-02-01

研究開発職

医学と工学の融合により、これまでにない価値の創造へ。
独自の視点から生まれる医工学技術が、革新的なソリューションを生み出す。

研究開発職の役割

医療現場が抱える治療やケアに関する課題を、新商品の開発や改良によって解決を図ります。また、当社技術を基点にしたこれまでにない価値を持つ商品を開発し、医療現場で“よりよいケア”を実現させていきます。

研究開発職のミッション

キーテクノロジーの確立

当社の現在のコア技術は、医科学(医学)、材料科学、人間工学です。これらの当社の持つコア技術を深化させていくとともに、世界で通用する新しい技術“キーテクノロジー”の確立を目指します。

開発したキーテクノロジーを融合させて、医学的根拠に基づいた新商品の開発を行います。新商品のコンセプトづくり、素材の機能把握、設計、試作、量産化検討など商品化までの一連の業務を担います。複数テーマを同時並行で進めていきますので、進捗プロセス管理、社内他部門との連携、社外共同研究先との折衝など、関係者を巻き込みながら開発プロジェクトを進行させていきます。

キーテクノロジーの確立

最新の学術知識の習得

大学との共同研究などを通じて、素材開発や理論構築を行います。
医学会の聴講やフォーラム(勉強会)などへの定期的な参加を通じて、医学や技術の最新動向を常に把握し、市場性を確認しつつ研究開発の方向性を定めていきます。

学会では聴講するだけでなく、自らの研究成果を発表したり、学術専門誌に投稿するなど、確立した技術や成果を学術分野に発信していくことも研究開発職のやりがいのひとつです。

医学と工学を学び、クリエイティブな研究開発を

医学と工学の両方を学んで入社される方はほとんどいらっしゃいません。しかしながら、自分の得意な技術領域があれば、それを活かしながら研究開発をしていくことが可能です。先輩社員は、化学系・電気系・機械系など幅広い分野から集まっています。自分の得意な部分を提供しつつ、足りない部分は先輩たちに補ってもらいながら職務を遂行していきます。

医学と工学を学び、クリエイティブな研究開発を

求められる能力

材料科学、電気・機械、医科学、人間工学、化学などいずれかの知識があるとともに、研究や開発のプロジェクトを進めていく管理能力が求められます。研究開発が複雑かつ高レベルなものになれば、関係者の数も増えます。そのため、多くの人と円滑に意思疎通を行ったり、要望を的確に伝達させる能力も重要です。

新卒採用 中途採用 障がい者採用 お問い合わせ mailto:recruit@alcare.co.jp ※人事総務部
  • 研究開発職
  • 生産技術職
  • 営業職
  • 製造技能職(機械オペレータ)
  • 社員の声

アルケア株式会社 アルケア採用サイト