ページID:AA-02-05-10

アルケアとは「一生を賭ける仕事の場」である

販売職

榎内 博さん
入社年度 1973年入社
氏名 榎内 博
所属部署 株式会社オストミークラブ
出身学部 法学部 法律学科

Q1 今の「業務」について教えてください。

店舗に来店されるお客様(オストメイト)に、ストーマケア用品を販売しています。当店の取り扱う商品は、腸や膀胱のガンにより、手術を受けて人工肛門・人工膀胱を造られた方が、生活復帰、社会復帰される際に、体に装着するものです。人によって大きさ、形が異なるため、お客様は自分にあった装具を見つけるまではたいへんな苦労があります。そのお手伝いをしています。また、臭いやモレなど、お客様が困っていることを良く聞き、アドバイスするのも大切な仕事のひとつです。

Q2 仕事で感じた「やりがい」について教えてください。

退院して初めて来られるお客様は、暗く、不安な表情をされていますが、いろいろお話している間に少しずつ表情が明るくなってこられることは、私達にとってとても嬉しいです。初めて来店されるお客様の滞在時間は1時間ほどですが、店に来た時とは別人のように元気になって帰られる姿を見るときが一番いいですね。

Q3 入社後、どのようにして今の業務を覚えましたか?

私は、幸いにも会社を変わることなく入社以来38年、営業一筋でやってきました。その間たくさんのお客様と接し、いろいろ勉強させていただきました。営業の仕事は商品を売るのではなく、その価値をお客様と共有することだと思います。そして、お客様の笑顔、満足した顔を見せていただくことが最高の勉強になります。

Q4 将来、どうなっていたいですか?

定年退職を迎え、再雇用という形でまた第一線で活躍できることを嬉しく思います。営業職で培ってきたものをフルに活用して、少しでも役に立ちたい思いです。いまこの時は、定年を過ぎた私も、入社したての方も、同じ時を過ごしています。明日、一年先、三年先を思う気持ちは一緒です。元気いっぱい仕事をしている自分の姿を思い描くことが大切だと思います。