ページID:AA-02-05-03

アルケアとは「医療の発展に貢献する社会的存在意義のある会社」である

生産技術職

八木 良太さん
入社年度 2003年入社
氏名 八木 良太
所属部署 生産技術部 工程設計課
出身学部 工学部 機械システム工学科

Q1 今の「業務」について教えてください。

生産技術部に所属して新製品、改良品の量産体制を確立させていくことです。
研究開発で設計された新製品や改良品を発売するために、@新規設備や設備改良を設備メーカー等と設備仕様検討して、設備を導入して生産工程を造り上げたり、A材料業者や加工先での品質安定性を確認したり、B関連部署と連携しながら量産体制を確立するのがミッションです。
また、生産する立場の代表として医工学研究所やマーケティング部と一緒になり製品設計にも深く関っています。

Q2 仕事で感じた「やりがい」について教えてください。

第一点目は、やはり設計物が世に出て、患者さんに使ってもらい、医療に役立つことです。多くの患者さんに使って頂けることによって、ものづくりのやりがいを感じます。
二点目は、工程確立の課程で、どうしてもいくつもの難題にぶつかります。これは正直言って、いくら時間があっても足りず、へこむこともありますが、ハードルを乗り越えた時の達成感は、自分にとっての「極上の仕事」になると感じています。

Q3 入社後、どのようにして今の業務を覚えましたか?

日本の教育は、基本的に覚えること。学生時代は、社会勉強?と合わせて詰め込みましたが、この業務では、自分に備わっていない能力を明確にして、その能力を補完し、問題解決して行かなくてはなりません。
特に論理的(ロジカル)な思考を持ち、仮説を考え、真因を明確にして対策を打つ、「仮説検証サイクル」が重要です。個別の知識は、その都度必要に応じて求められ、自然と覚えていきます。あとは、自分からこのようなセミナーに行かせてもらいたいと提案します。

Q4 将来、どうなっていたいですか?

今はロコモティブケアと一部ウンドケアの実務を担当していますが、一つには、より広い分野でマネジメントをしていきたいですね。その時に合わせて、その他の分野にもアンテナを張っておきたいです。
基本的には、この生産技術職を続けたいですね。特に、新しい生産技術を導入し、プロセスからのイノベーションを起こせる大きな課題を一つでも達成したいと思っています。例えば、今までにない作り方で、新たな価値を創出するとか、原価を1/10にして、世界を席巻するとか・・・そのようなことを考え続けないと行けないのでしょうね。そうすると自然と情報が集まってくると思います。

新卒採用 中途採用 障がい者採用 お問い合わせ mailto:recruit@alcare.co.jp ※人事総務部

アルケア株式会社 アルケア採用サイト