ここで発見!アルケア

総合病院

創傷被覆材

キズを覆って保護する材料のことです。キズと一言で言っても様々な種類があります。例えば、手術をして縫った創、床ずれ、ヤケドなどです。こうした様々なキズに応じてケアできる多くの製品を揃えています。

カテーテル固定用キット

医療現場では、安全かつ効率的な医療や手技の標準化が進められていますが、これまでカテーテル(血管に挿入する細い管)固定の方法は医療従事者によってまちまちでした。アルケアはこの点に着目し、カテーテル固定に必要な材料を1つのパッケージに盛り込んだキットを開発しました。これにより、「誰でも、簡単に、衛生的に」カテーテルを固定できるようになり、医療現場で高い評価を得ています。

ストーマ装具

ストーマ(人工肛門・人工膀胱)とは、手術によりお腹に造設された便や尿の排泄口のことです。ストーマを造設するのは主に大腸がんや膀胱がんで手術をされた方で、自分に合う装具を看護師さんと決め、退院後も使い続けます。
ストーマには括約筋がないので、排泄をコントロールすることができません。ストーマから出る便や尿を受けとめるためお腹に貼るのがストーマ装具です。装具にたまった排泄物を処理し、定期的に装具を貼り替えるというケアを日常的に行う必要があります。アルケアは唯一の国産メーカーとして、1965年以来日本人の肌や生活習慣に合った装具を長年研究開発しています。

学術情報誌

学術情報誌「アルメディア」は、1996年の発行以来、医療の最新情報について医療従事者向けに定期的に発行しています。「自社の宣伝・広告をせずに、純粋にお医者さん・看護師さん・患者さんの利益を考えて編集する」というアルケアの想いは、多くの方からの共感を得ています。タイムリーなテーマについて著名な先生方に執筆していただいているので、「専門的な知識を得られる」と発刊を心待ちにしている医療従事者も多数いらっしゃいます。