アルケアの社風

一人ひとりへの期待を込めて ~採用通知書~

アルケアでは毎年、内定者を対象に1泊2日の「内定者合宿」を開催しています。目的は「入社までにどんなことを準備しておけばよいか」「同期はどんな人だろう」といった不安をできるだけ取り除いてあげることです。スポーツやグループワークを通して、コミュニケーションを深めていきます。
内定者合宿の締めくくりは、一人ひとり文面の異なる「採用通知書」の授与です。会社説明会での最初の出会いから、最終面接を終えて合宿に至るまでの期間に、採用担当者が気付いた本人の強みや今後の期待を記載しています。
内定者から「自分のことをよく見て採用してくれたと分かった」「自分への期待を感じた」などの感想を聞くと、採用担当者として嬉しい気持ちが膨らみます。


採用担当者と人事総務部長がじっくり文面を練ります


同期として一緒にがんばろうね!

アルケアの社風トップへ戻る