アルケアの社風

新入社員の頼れる先輩 ~教育担当者制度~

アルケアには、期待と不安を抱えた新入社員をサポートする「教育担当者制度」があります。本社での集合研修を経て現場に配属される新入社員には、教育担当者としての先輩が1名つきます。年齢が近く相談しやすいので、日常業務や生活態度、お酒の嗜み方まで社会人のイロハを教えてくれます。
仕事に対しては厳しい先輩ですが、新入社員がミスをして周囲に迷惑をかけてしまったときは一緒にフォローしてくれたり、大事なプレゼンの前には徹底的に練習につきあってくれたり・・。とても頼りになる存在です。
「がんばれ」と優しい声をかけられると「失敗を恐れずに、精一杯がんばろう」という気持ちになります。
こうして一人前になると立場が変わり、自分が新入社員の教育担当になります。教えることを通じて自分が学ぶことも多く、後輩とともに成長していきます。アルケアの強さや良さは、こうして脈々と伝えられていきます。


仕事の楽しさや厳しさを先輩と分かち合いながら成長していきます

アルケアの社風トップへ戻る