ALCARE ヘルスケア事業部
03-5611-7813
受付時間:平日8:30~17:30

講演報告

2019年3月25日

神奈川県SDGsインパクト評価 シンポジウム

SDGs×評価×金融の実践 〜SDGsへの貢献を「見える化」し、資金循環を加速させるには〜 で講演しました。

神奈川県の今年度の「自治体SDGsモデル事業」である「SDGs社会的インパクト評価実証事業」の成果報告会として、シンポジウムが開催されました。

本事業の最大の特徴は、SDGs(持続的な開発目標)達成に向けた貢献度を評価する点にありました。弊社は、本事業において、これまで神奈川県大磯町にて産官学連携事業で実施していた、健診事業「ロコミル」と介護予防事業「アンチロコモ教室」の取り組み(インプット)やその成果(アウトプット)、そして住民や環境に対する影響(アウトカム)を評価し、SDGsに対する事業成果の「見える化」の実証モデルとして参画しました。

本シンポジウムでは、本事業に参画した他の事業者様や資金提供者様と共に、ヘルスケア事業部長の関がパネリストとして登壇し、実証フィールドの評価を通して得た成果や学びを共有し、SDGs達成に向けた持続可能な資金循環、エコシステム形成のあり方等について議論しました。

シンポジウム概要

日時

2019年3月25日(月) 14:00 - 17:40(開場13:00)

場所

ワークピア横浜 おしどり・くじゃく (神奈川県横浜市中区山下町24-1)

主催

神奈川県

後援

地方創生SDGs官民連携プラットフォーム、社会的インパクト評価イニシアチブ

事務局

ケイスリー株式会社
ページのトップへ戻る