抑制用品  抜管・抜針予防用シーネ

エルボーフィックス・忍 Elbow Fix-SHINOBI

抜管・抜針予防用シーネ
Self-Extubation Preventing Splint

規格

種類 商品コードNo. 規格 1函入数
適応範囲(腕装着部周囲) 長さ
20821 14~34㎝ 33㎝ 1コ

使用手順

特長

顔周りのチューブの自己抜去予防を、よりスリムにライトに。装具を衣服の下に隠すことで患者さんの心の負担を軽減。「顔に手がいかない肘固定」と「見えない抑制」で看護の安全と安心をサポートします。

患者さんは

  • 衣服の下に着用できるので自尊心を維持できる
  • 肘以外は自由に動かせる

看護師さんは

  • ステーを抜けば洗濯ができるので衛生管理しやすい
  • 装着が簡単
  • 左右兼用、どちらにも使える

shinobi_004.png

【商品名の由来】

抑制を衣服の中で行い、周りから見えなくすることで、患者さんの自尊心をできるだけ傷つけないようにしたい。そんな思いから「衣服の下に隠せる→忍(しのび)」と命名しました。

患者さんにも看護師さんにもやさしい身体抑制を目指して

身体抑制現場の「本当は身体抑制をしたくない」「患者さんの尊厳をできる限り守りたい」「患者さんの安全のためにせざるを得ない」そんな声を数多く聞いてきました。看護の力で抑制低減に取り組んでいる看護師さんと一緒に考え、お手伝いをさせていただきたいとセミナーを企画しました。

学会名第24回日本看護管理学会学術集会 ランチョンセミナー4
テーマ
超急性期医療における身体拘束。なぜ身体拘束をやめれないのか?
演 者:卯野木 健 先生(札幌市立大学)
座 長:小藤 幹恵 先生(石川県看護協会)

ランチョンレポート 

Nursing BUSINESS. 15(1): 31-34, メディカ出版, 2021.
無断転載・転用を禁止します。


学会名:第25回日本看護管理学会学術集会 ランチョンセミナー1
テーマ学び合い、育ちあう、チームのつくり方 ~話しやすさを生む場づくり〜
演 者:浦山 絵里 先生(ひとづくり工房esuco(ゑすこ)代表 看護師 ナースファシリテーター)
座 長:小藤 幹恵 先生(石川県看護協会)

ランチョンレポート >

Nursing BUSINESS. 16(1): 26-30, メディカ出版, 2022.
無断転載・転用を禁止します。

勉強会のご案内

アルケアでは身体拘束についての院内・病棟での気づきを持ってもらうことが抑制低減の第一歩と考え、看護倫理の勉強会を実施しています。勉強会では、急性期病院での身体拘束低減の取り組みと成果について研究発表されている片山はるみ先生に、身体拘束に関する法と倫理とともに、拘束をしなくて済むケアの3原則などもお話しいただきます。

身体拘束に関わる看護倫理勉強会 

お電話でのお問い合わせ
フリーダイヤル 0120-770-863

受付時間:午前9:00〜午後5:00
(土・日・祝日を除く)